これは東アジアのプライドの問題です

学ぼうと思う時、
ドキュメンタリー映画を自宅で見る時、
一時停止ボタンを繰り返し押しながら、
ノートをとりながら、映像を見る。
やたら、時間がかかる。
しかし、映像から、歴史から、識者から
学ぼうと思う時、そうしている。

*
2017年9月21日 日本時間未明、
つまり国際平和デーのその日に、
私たちの国の(一応)代表が、国連で演説をした。

「北朝鮮に必要なのは対話ではなく圧力だ」と

時間のおよそ8割を費やして、
平和国家という立ち位置を
(かろうじて、まだ私たちはそこに軸足をおいていたのに)
完全に、捨てた。

*
その記念すべき、アンピースフルデイに、
ノートの1ページから、いくつかの言葉を書き写す。

………………………………………………
『映画 日本国憲法』
ジャン・ユンカーマン監督作品
 2005年劇場公開 製作国/日本
公式サイト→こちら
………………………………………………

日本はもっとアジアの民衆を理解すべき。
15年戦争で、2000万人が死んだ。
あの小さな村々で、街で、
どんなことが行われたか、
戦争に行った人は知っている。
あの当時の中国の人たちの気持ちが痛いほどわかる。
……日高六郎(社会学者、1917生まれ)

アジア各国が、日本への不信感をかろうじて抑えてこられたのは、
憲法9条のおかげです。
……ハン・ホング(韓国:聖公会大学人権平和センター所長)

日本は、北朝鮮の脅威を理由に、再軍備を主張していますけれど、
あれだけ経済的に困窮する北朝鮮が、日本を攻撃できるとは
誰も思っていません。
日本は、東アジアの平和構築に貢献すべきです。
21世紀の東アジアは考え始めるでしょう。
なぜ自力で平和を築けないのか?
なぜアメリカに平和を委ねなければいけないのか?
これは、東アジアのプライドの問題です。
…… カン・マンギル(韓国:歴史学者)

世界市民が、自国の政府に強いる規範ー国連憲章。
日本は、そこから遠ざかろうとしている。
…… ノーム・チョムスキー(アメリカ:言語学者)

日本は、第2次大戦後、対戦中の侵略を謝罪していない。
ドイツのように謝罪すべきだ、という声もあり、批判を受けている。
私の考えでは、第9条が日本の謝辞であると。
アジア諸国に対して、日本はこう宣言したのです。
30〜40年代の日本の軍事的行為を恐れることはありません。
最終的に自衛のため以外の武力をすべて放棄します、と。
つまり、9条の放棄は、謝罪の否定です。
そうなれば、中国が東アジアで、
日本の謝罪についての問題が再燃します。
戦争犯罪の重さを理解していますか?
…… チャルマーズ・ジョンソン(アメリカ:アジア政治学者)

第9条ということを、積極的に世界の人々に
発信すべきだと思うんですよね。
まず、アジアの人々に、日本の中にも
こういう考えの人がいるんだということを伝えるべきです。
憲法改正問題は、国内の問題にしちゃだめですよ。
国際問題ですから、特にアジアの問題。
それが一番重要なことなんです。
…… 日高六郎

最後に
このドキュメンタリーの中では、
シリア・ダマスカス難民キャンプのパレスチナ人男性が
カメラに向かって、熱をこめて、
こう話していたことも、忘れないでおこう。
*
日本は、戦争で世界で一番苦しんだ国ですよね?
アメリカに原爆を落とされたのですから。
ですから軍隊を派遣して、
親のない子をつくるようなことをしてはいけません。
日本国民はそんなこと、望んでいませんよね。

6_ヒジノワホームルーム第6回の記録
「都市生活者の原発、避難者の原発」

《 対談記録の公開 》

ヒジノワホームルーム第6回に
ご参加いただいた皆さま、
関心を寄せていただいていた皆さま、
お待たせしました。
当日の対談の記録を公開いたします。
お時間の許すときに、お読みいただければ嬉しいです。
⇩クリックしてダウンロードを。

対談アーカイブ都市生活者の原発避難者の原発

全8章
⒈ 違和感と批判から始まった
⒉ 共通理解のベースをつくる。
⒊ フクシマという「世界精神」を。
⒋ 正しく怒ることで世界は変わるか。
⒌ 狩猟採取民族の感受性で。
⒍ 原発は「科学」の問題なのか。
⒎ 震災後に問う、わたしたち人間の資本
⒏ WELTGEIST FUKUSHIMA–やわらかなクサノネ

当日の対話を書き起こし、
スピーカーの吉田さん廣瀬さんに、
一部修正や加筆をしていただきました。
また、対談の最後に、地元スピーカーとして
それぞれの活動について語っていただいた
丸山さん中江さんのお話も収録しています。

告知に使用したコンセプトコピー
[都市で、地方で、普通の市民が「福島」を考える日]は、
あの日のことであり、今日のことであり、明日のことであり、
それぞれの中で風化しないで続いていくことを願い、
公開します。

この記録は、吉田邦吉さんが、
『ヴェルトガイスト・フクシマ』でも掲載される予定です。
こちらもお楽しみに。

5_社会人向け講座のお知らせ
「地域編集論nightー地域づくりと伝える力ー」

地域編集論?
「地域を編集するノウハウ」の講座?
いえいえ、ちゃいますよー!!
「地域を編集する」なんて、おこがましい…(と思っています)
「地域づくりを編集的思考で考えていく」論…を探求する講座です。

9月から12月にかけて、月イチのペースで計4回、
社会人の方々を対象に開講する講座の講師を務めます。
「地域編集論night  -地域づくりと伝える力- 」
主催|NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク
共催|宇都宮大学地域連携教育研究センターCOC+推進室

スクリーンショット 2017-08-31 11.04.40

講師…と言いましても、参加の皆さんと一緒に
・いくつかの問いを立てたり
・わたしから仮説を提案したり、皆さんからも提案をいただいたり
・事例を提供しながら、一緒にと読み解いたり…
というスタイルですので、講師というより進行役というほうが良いかもです。

まだまだ参加者募集中ですので、ここでも少しだけ
⑴講座趣旨と⑵各回概要をご紹介。参加してみよっかな!という方は
主催の「とちぎユースサポーターズネットワーク」のページに
詳細があります。
 →こちら …をごらんの上、ページ内のお申し込み先へ!

⑴講座趣旨
………………………
この講座は、宇都宮大学の基盤教育総合領域(選択科目)の
新しい科目として今年度の前期に企画・開講した講座
「地域編集論ー地域振興と情報発信」がベースになっています。
主催のとちぎユース理事・古河大輔さんから
「社会人向けに開講できませんか?」とご提案を受け、
実施の運びとなりました。
なので「地域編集論」って何なの?という話から。
大学での授業の企画書から抜粋しますね。
******
授業の内容
私たちが生きている「地域社会」は、少子高齢化や東京一極集中が進む状況下でさまざまな課題を抱えています。同時に「その地域ならでは」の資源や可能性も多く有しています。地域の状況をどのように読み解いて、どのような働きかけを興してゆけば、健全な地域の未来が描いていけるのでしょうか。この授業では、「編集的思考」に基づく「地域振興」のあり方を皆さんと一緒に探ってゆきたいと考えます。狭義では、情報を「集めて」「編んで」メディア(書籍やウェブサイトなど)を制作するスキルを「編集」と呼びますが、さまざまな情報が溢れる現代社会においては、情報の編集を適切に行うことが重要であり、地域社会の運営においても適切な「編集活動」が果たす役割は重要度を増しています。この授業の第1部では、地域振興のためのさまざまな施策やプロジェクトの構想・企画・運営において有効に活用されるべき「編集的思考」(編集という技術の知恵と手法)を、グループワークや事例研究を通して、皆さんと一緒に探求してゆきます。第2部では、1部で共有した「編集的思考」に基づく地域振興のあり方や、適切な企画立案の考え方、地域内での情報の共有や外部への発信のあり方を、ゲスト講師の講義や事例研究とディスカッションなどを通して探ってゆきます。第2部の後半では、企画書作成のワークショップを行いながら、授業を通しての気づきや学びをもとに、地域振興策の企画書を作成し、最後の回ではプレゼンと講評の会を設けます。
******
なんとなくお分かりいただけたでしょうか。
冒頭で「ちゃうよー」とお伝えしたように
「地域を編集する」ではなく、
「編集的思考で、地域づくりを考えていってみない?」
というスタンスで「地域編集論」と名付けています。

さらに、補足しておくと、
今回の社会人向け講座でも主催者のウェブやチラシにも
記してあるように
「メディア編集のノウハウ」を中心に学ぶのではなく、
その知恵と手法をもとに地域づくりを考えてみませんか?
という趣旨です。
大学の授業の企画書でも書いている、
このことを常にテーマにしています。
「地域の状況をどのように読み解いて、
 どのような働きかけを興してゆけば、
    健全な地域の未来が描いていけるのでしょうか」

⑵各回の概要
学生向けの授業は全15回。
今回は4回、しかも、すでに
いろいろな活動をされている社会人の方が対象。
というわけで、主軸は変えず、内容はかなりアレンジして
受講生の皆さんにお話いただく時間もたくさん設けたいと思います。

4回のテーマ&タイトルのみ、ここで紹介しますね

第1回
わたしたちは日々、編集活動を繰り返して生きている。
…編集者の編集と、生活者の編集…

第2回
川に放した稚魚は、成魚となって地域に還流するか?
…地域づくりに役立つ適切な編集的思考を考える…

第3回
課題はどこから生まれ、可能性はどこに在るか?
…編集的思考に基づく地域振興企画の考え方…

第4回
花火が上がらない空の下でも花は咲く
…内発的・持続的な地域づくりのために…

ーーーーー
なんとなく、内容のイメージわきますでしょうか?
わきにくいですね、すみません。
いい意味で、このような講座への期待を
裏切る展開もあると思います。
授業もそうなのですが
「レジュメでの講義」「スライドトーク」
「個人ワーク」「2人ワーク」
「グループワーク」「ディスカッション」を
テーマにあわせて組み合わせて行います。
(なので「たいくつ感」は無いと思います)

というわけで、説明できたような、できてないような…
なんとなくピピ!と来た方のご参加、ご検討をお待ちしております!