メインビジュアル画像

地方都市JR駅界隈の
没個性化

あ、おばあちゃん。もうその、うちのスタンプカードは使えないのよ。この前まで張り紙してたでしょ。ほらこれ、JREの、緑のカードに切り替わっちゃったから。
.
2018年ごろだったと思う。関東某地方都市の駅ビルのお茶屋さんで聞こえてきた店員とお客さんの会話。今、ちょいと調べてみるに、JR東日本が駅ビルでも使える共通のJREポイントカードを発行したのが、2018年の7月。冒頭に紹介した会話は、ずっと気になっている。なぜか?どこの駅ビルでも使えるポイントカードの普及とともに、そこここの駅ビルも没個性化が急速に進み始めたような気がしているから。出張であちこち出かける私の「気がしている」だけで、根拠もデータもない。https://www.jrepoint.jp/point/first/

▼続きを読む
メインビジュアル画像

9月の閣議決定

9月に入りました。おはようございます。
本来であれば、国会審議を十分に尽くすべき案件のところなんでもかんでもさくっと閣議決定されてしまう昨今、そんなに軽い物なら我が家もしてみむとてすなり、閣議決定とやら。
.
官房長官にはちゃんとしたお席も用意していたのですが、形式的なことを嫌う性分に加齢の影響もありますゆえ、このような形の画像になりましたことご容赦ください。かしこ。

▼続きを読む
メインビジュアル画像

生物多様性の日に


今日は「国際生物多様性の日」だそうだ。
.
朝、そのことを書いた記事と、国内でのコロナ感染者への嫌がらせが起きている記事、そして、スペインだかどこか、国名は忘れたけれど、入院していたコロナ感染者が帰宅した際に、近所の人達が拍手で出迎えた、という記事を読む。

▼続きを読む
メインビジュアル画像

言葉をとりもどせ。

復興って、なんだろうね。
どういう状態を言うのだろうか。
絆ってなんだろうね。
どういう関係性を言うのだろうか。
.
先付けされる言葉は、信じるな、使うな。
後付される言い訳には、耳を貸すな。
.
実体があれば、
地の底から、足下から、言葉は湧いてくる。
.
帰り道の農道で車を止めて仰ぐ月。

20200311

メインビジュアル画像

「憲法は実行するものです」 
中村哲さんの訃報に_2

中村哲さんの訃報に、多くの人が、(彼の地の人たちも、こちらの人たちも)涙にくれる日々が続いている。ある人は、SNS で「中村さんのことは忘れません」と投稿し、ある人は、国内外のさまざまな情報をシェアし続け、悲しいね!と涙を流す顔のマークがいくつも押されていく。ある人は、政府筋が、中村さんの死に際して対応が冷たいと、SNS で憤る。
日本でのらりくらり過ごす私が「忘れない」とは、どういうことだろうか。
凡庸な私が「志を受け継ぐ」とは、どういうことだろうか。
書籍も読み、ドキュメンタリーも拝聴し、大学の講義では、授業の1回分で、ペシャワール会の活動を紹介してきた。しかし私は多分、1年もすれば、いまの喪失感も何かで埋め合わせていくし、ペシャワール会に寄付をしようと思ったことも忘れていく。
しかし私は・・・。
.

▼続きを読む
メインビジュアル画像

藪の中のオオカミらしきものへ会いに行く。

2014年に行っていた益子の風土調査で訪れていた大羽の御嶽神社へ。
当時も多少は荒れた感じはあったが、久しぶりに訪ねた神社は、廃墟のように荒れ果てていた。しかし、拝殿に上がる階段さえも枯れ草や枯れ枝で覆われ、人の手が入らなくなった山の斜面のようになっていても、竹が拝殿の屋根を突き破ろうとも、オオカミの(ようなものの)姿は、4年前と変わらず石灯籠の中に、輪郭もくっきりとあった。
▼続きを読む

メインビジュアル画像

退行感覚

我が家の老犬は、去年まではできたことが
ひとつずつできなくなってきている。

そのひとつが、
ソファにひとっ飛びに飛び乗ること。

もうひとつが
自分のトイレで(大)をすること。

▼続きを読む

メインビジュアル画像

ここにあるもの。

ひとつ歳を重ねた日の半日と、その次の日を、いま、ここにあるものを丁寧に見つけ出していく、という行為に使った。それは、庭仕事のこと。
山の麓の一角を自然を相手に間借りするつもりで、地主さんから土地を借り小さな住処をこしらえさせてもらって…2年と半年が過ぎた。この土地に巡り合ったときは、もう更地に戻っていたのだけれど、その2年ほど前までは、ここで40年の日々を過ごした家族がいたと聞いていた。最後の数年は、夫に先立たれたご婦人が一人で暮らし、長野に住む娘夫婦のもとへ移り住んだと。
▼続きを読む

メインビジュアル画像

角煮を起点とする
言葉と本質の諸問題。

だれかが次に発する言葉、というものは、簡単に予測されるものらしい。

2012年に始まった、私のipad生活。メールで、「おね」と打つと、なぜか真っ先に「お姉さん」がでてくる時代があった。都内へ向かう湘南新宿ライングリーン車の中で「これから初めて会う人」に(もちろん仕事の)「それでは、本日よろしくお姉さんします。」と送ってしまったことがあった。この話はけっこうあちこちでしていたのだけれど「お姉さんチェンジ!」と追い返されることもなく
▼続きを読む

メインビジュアル画像

私が私を
風化させないために。

2012年の3月11日に書いた文を、5年後の今日、再録します。

311 for myself(2012.0311Facebook投稿より)
…………
毎年中身を新しくして、もう10年は使っている手帳もずいぶんと色が落ちてきた。2011の夏、青森で貼った「頑張ろう東北」のシールは去年の暮れにはがれてしまい、プロジェクトFUKUSHIMAのステッカーも、半分ほどはがれそう。
▼続きを読む

メインビジュアル画像

守るもの守られるもの

アルバムに残っていない、つまり時を経てから写真を見ることで追体験し記憶してきたわけではない古い記憶で、うすぼんやりと思い出せるのは、小さな水辺(たぶん小さな池)のほとりに作られた木造のお堂のような…そしてそこにあった、聖母マリア像。みんなとお揃いの小さな丸い襟の白いブラウスを着た私は手を合わせて「お守りください」とお祈りをしている。カトリック教の幼稚園児だった頃の記憶。小さな手を合わせることで得られる安心感。守られている。守ってくれる存在がいる。
▼続きを読む