4_編集私論⑶ 地域の価値を伝える 
「あわい」の土地で

ええと、
しばらくぶりの投稿になってしまいましたが…(若干、遠い目)
今日は、ウェブ上で新しくリリースされた、企画・取材・執筆を担当した記事についてのご案内。

スクリーンショット 2017-08-20 19.44.22

…と、ご案内を通して、編集私論の⑶についても語ります。

これまで
⑴「私/個」から「公/共」あるいは「普遍」へと繋ぐための
  「構成」について
⑵ 地方自治体の仕事:デザインを入れる前に考えるべきことについて
…と綴ってきましたが(まだたった2回だったんか!)

今回は
⑶ 反復横跳び…について(謎)です。

*******
今回、ご案内するのは
茨城県大洗町の宿「里海邸」ウェブサイトの読み物「宿物語」です。
リンク|こちらをクリック

この連載第1回が形になるまで(企画を固めるまで)について、
お話しようと思いますが、え?どこが「反復横とび」かって?
それは最後に(ちゃんとそこに帰着できれば)ね。

宿のオーナー石井さんと初めてお会いしたのは、土祭2015の会期中。
「益子の風土・風景を読み解く」展示会場でした。
土祭やミチカケにも関心を寄せていただいていたということで
その後、笠間のデザイン会社TRUNKさんを通して
里海邸ウェブサイトで
「宿がある大洗の価値を伝えていく連載」の依頼をいただきました。

いま流行りの言葉で言うと
「観光プロモーション」
「地域の資源で、ストーリーを作っちゃおう」的な?

いえいえ、曖昧なまま乱発される横文字言葉には私は乗りませんし
うわっつらだけの「ネタパズル」のような「ストーリー」は
地域になんの福利ももたらさないことを、
これまでに痛切に感じてきています。

なんといっても、オーナーの石井さんの考えや意図は
もっと広く深いところにありました。
デザイン事務所の笹目さんも交えて、
何度かじっくりとお話をかさねながら
丁寧に、その「価値を伝える企画」を詰めていきます。

①地域に向き合い、地域を知る
もちろん、「大洗町史」も読みます。
石井さんの考えの根底にある、レイチェル・カーソンも読み直します。
もちろん現地を歩きます。波の朝も夜も体感します。
打ち合わせとしてではなく、石井さんに聞き取りもします。
基礎取材としてキーパーソンに聞き取りをします
(大洗町生涯学習課文化振興係の方にいろいろと教えていただきました)

②企画を具体化していく
そうして初めて、「企画内容」を詰めていきます。
私がこのような仕事を受けた場合、打ち合わせ内容を踏まえつつ
「企画書」をしっかりと作ります。
パワポで箇条書きで作るようなものではなく、しっかりと文章を書きます。
企画書の項目立ても、その企画に応じたものにします。
企画書は最初に提出したものをベースに意見交換を行い、
修正を加えていきます。
この場合、依頼主のオッケーが出るか出ないか、
出たら、そこで思考停止、ではありません。
悩み続け考え続けるので、なかなか固まらないこともあり、
今回の場合は、数ヶ月かけて(ほんとお待たせしました)
企画書は、5訂版が最終形です。

スクリーンショット 2017-08-20 19.07.51

 

ご参考までに、企画書5訂版の構成(項目立て)を以下に記しますね。
 ————————————————————————— 
  1 連載の趣旨(概要)
  2 価値付けのコンセプト
    ⅰ 前提
      ⅱ 基本的な価値
           ⅲ 大洗の特別な価値
  3 ねらいと期待される効果
        4 連載内容(案)
      ⅰ    連載を通してのキーコンセプト
     ⅱ 記事に付加するコラム的な要素 
   ⅲ 全4回の企画概要(仮タイトルとテーマ、取材人選案)
 ————————————————————————— 
 
     私の場合、どんな仕事においても
 1から3までのあたりが、長いです。
 考えを整理していくにも、時間がかかります。
 そうして「本当に地域のためになる(はず)」と思えて来ないと
 自分の中に納得できる「道筋」が見えてこないと
 具体的なアイディアは生み出せません(ある意味、不器用)
 
 さて、なつかしい、学生時代の体力テスト、反復横跳びの話です。

 上の文章の中で、企画書つくりのプロセスで
  ①地域に向き合い、地域を知る
  ②企画を具体化していく

 …と、見出しをつけました。
 
 これはつまり、このような側面もあります(←私の場合)
  ①地域に向き合い、地域を知る(具象を集める)
  ②企画を具体化していく(抽象化へ:概念化する)

 いつのころからか、企画を考えたり、文章を作成するプロセスでの
 私の中の動きについて、こういうことに気がついたんです。
 
     *
 ああ、私は、①具象 と ②概念 の間を
 かなりの頻度で行ったり来たりしながら、自分の考えや文章を練っているんだなあ、
 これは、エンドレスな「反復横とび」やよ〜(なぜか飛騨弁)
     *

    今回ご紹介した記事の中では、
 タイトルや文章などに、いくつかキーコンセプトとも言える
 大洗の価値付けの言葉がでてくるとおもいます。

 その土地で生きる人にあって、じっくりと話を聞く。
 他者の、日々の暮らしの中の、さまざまなエピソードが
 私の中に、その人の言葉で(具象)として入ってきます。
 また、別の人の話を聞きます。
 ある土地を訪れて、多くのものを見ます。
 見たものは情報として私の中に入ってきます。
 感じ、考え続けることで、それは(具象)のいくつかは繋がり、
 「それは、こういうことね」という解釈が生まれ、
 大げさに言うと 
 具象が集まって、概念としての言葉に整理されます。
 例えば、ここで「あわいの領域での生」という言葉が
 私の中に生まれたとします。
 そこで止まり、ではありません。
 この概念化された言葉という、照明(のようなもの)を用いて、
 また、その土地で暮らす人々の具体的なエピソードを照らします。
 すると、概念化された言葉が強固なものになったり、
 また少し違ったものが生まれてきたり。

 こういうプロセスは、企画を固めていくときだけではなく
 長い取材記事を書いていくときも、同じです。

    右に、左に、飛びながら、前に進めていれば、いいのだけれど。
 
 …というわけで、
 この企画記事の完成まで1年以上かかってしまったことの
 長い言い訳を終わります!

3_編集試論 ⑵
行政の場でデザインの力を活用すること

書籍掲載のご案内を兼ねて、書籍で伝えたことの一部と
その背景について。

1|書籍掲載のお知らせ

BNN新社から3月3日に発行された
「広報・PR担当者のためのデザイン入門」
巻頭インタビュー記事で取材を受け掲載いただきました。

お題は、益子町役場時代の仕事「土祭」「ミチカケ」を事例に
「行政の場でデザインの力を活用する」ということ。

IMG_9557 のコピー

発行元の案内はこちら。→発行元のウェブサイト
目次や一部誌面も読めます。
企業の広報担当者向けの本という位置付けですが、もちろん行政職員の方にも!

益子町役場に取材の申し込みがあり、
役場からの依頼で取材を受けました。
この書籍はフリーランスで活動するふたりの女性編集者の企画です。
企業や自治体などのPRの仕事を受ける中で、
発注元の担当者との打ち合わせや仕事のやりとりの中で
「このような本の必要性を感じた!」という実体験から生まれた
強い意図がありました。
取材のお話をいただいたときに、彼女たちが「課題」として
感じてきたことが、私が地方行政の末端に席をおいた4年間に
見えてきたことと重なり、最初のお電話でかなり意気投合しました。

IMG_9558 のコピー

この書籍の企画意図を発行元ウェブから抜粋しておきます。
……………
この本は、広報ツールのデザインをよりよいものにして、もっと効果的な広報活動、魅力的なPRを行っていきたいと考えている広報・PR担当者へ向けて作られています。

デザインをきちんと学んではこなかったけれど、ページものやポスターなどを自分でデザインしないとならない状況にいる方、あるいは外部と連携して広報物を制作することになったけれど、そのやり取りに今ひとつピンときていない方、なかなか思うようによい広報物が出来上がらないと悩む方にとって役立つ、「知っておきたい広報のこと」と「押さえておきたいデザインのこと」を4つの章に分けて解説しています。見た目だけではなく、コンテンツの部分からも「伝わる」広報ツールを作るための、考え方の土台となるような一冊です。
……………

そのような趣旨の書籍の中で私に与えられた役割は、
土祭とミチカケの業務の中で「デザイン」をどういう考えで、
どう取り入れたかの「解説」でした。

インタビューに答えてまとめていただいた内容は、
ある種のことを期待して読まれる広報担当者の方たちには
ちょっと期待はずれかもしれません。
「デザイン? その前の企画が大切でしょ?」と、
ちょっと偉そうに、行政における企画の考え方を語っています。

一部だけ、書籍から抜粋します。

……………
(前略)土祭とミチカケに共通するのは、デザイナーの力を借りる前に、行政の中の担当者として、まず企画をしっかりと立てて中身を組み立てること。表には見えないところでの骨格や肉付けがあってこそ皮膚という表面に施されたデザインの力が生かされると簑田さんは考えています。
「地方創生の流れで、地方自治体が興すものごとに、とにかくデザインを入れよう! デザインをいれればなんとかなる、みたいな風潮もあるように感じますが、デザインは取り繕う手段ではなくて、企画趣旨を伝える手段であるべきだと感じています」
簑田さんは、企画をしっかり立てることをまず大切に考えています。ここで言う企画とは、いわゆる発想の目新しさではなくて、たしかな課題設定の上に課題解決の道筋が組み立てられたもの。(後略)
……………
次にこのように考えるまでの背景をお伝えしておきたいと思います。

2|地方行政の末席で考えてきたこと

2012−2015年度

フリーランスの編集者・ライターという立場から一転
4年間という短い間でしたが、地方行政の現場に席を置き
仕事をさせていただいたことは、とても貴重な体験でした。
勉強させていただきましたよ、いろんな意味で。

日本の世の中の状況的には、地方行政の現場でも、
冊子やウェブや映像などといった広報PRのための
メディア制作の仕事が増え続ける時期…

地方創生の煽りや旗振りやなんやかやで
あんたら地域が頑張ってなんとかする気あんのなら、
ほらほら、資金を用意してあげるから!と助成金が降ってきます。

そうなるとつまり、インバウンドやらプロモーションやら
定義づけ不明のカタカナ言葉や移住定住促進やら物販イベントやら
展示会やら、なんやらよくわからない催しやらが増え続け、
それにともない、広報のための制作物も増え続けるという状況。

長い目で見て(←ここが肝要)本当にそれが必要なことなのか、
検証や議論も不十分なまま
「予算がついたから」進められる事業もあるでしょう。
首長も管理職も「なぜそれが地域のために必要なのか」を、
部下の担当者はもちろん、おそらく住民にも
明快に共有も説明できない予算ありきの事業や
単に「思いつき」レベルの事業もあるでしょう。

そういうものでさえ、
担当者は、現場で住民への説明責任を負わされ、
なにかを伝えるために、仕組みやメディアやチラシや…
とにかく、試行錯誤しながら、「なにか」を作らなければなりません。
かなりのストレスを抱えることにもなると思いますが、
私が知り合った地方行政職員・若手の皆さん(担当者)は、
本当に真摯に地域に向き合い、なにができるのか、
この案件は、どうしたら良い方向に軌道修正していけるか、
いろいろと考え続けている人たちも多くいます。

さて、そのひとりから、「広報勉強会を開きたい」と
相談を受けたのが2015年の秋でした。
益子町役場の数名で3回、県内自治体有志の方と1回。
時間不足で、用意したサブノート的テキストは
あまり有効に使えなかったのですが、目次と、一部を掲載しておきます。

広報勉強会|目次

広報勉強会|P4
*ここでは、「土壌」と「多年草」の循環で、1つの理想を描いています。
このところ、あちらこちらでの打ち合わせや会議で出るキーワード。
やはり土壌なんですよね、まず整えるべき環境は。

3|地方行政の場で、デザインの前にやるべきこと

再び、書籍掲載記事の話に戻ります。
1で引用した書籍のインタビューでは、
「デザインは何のために必要か?」を
「骨格」と「皮膚」という言葉を用いて伝えていますが、
骨格は、例えば、魚です。フィッシュボーンです。
人間や猿などは後ろにも横に進めますが、魚は前に泳ぎます。
「目指すべき方向性」を持って作られている骨格です。
行政の場で必要なことは、まず、その骨格を「道筋」として、
しっかりと組み立てることです。

地域にはどういう資源があり、課題があり、可能性があり、
どういう住民の希望があるか、
そこを見据えて課題設定を行い、
課題解決のための道筋を描くことです。
骨格と肉付けが適正になされていたら、
表面の皮膚にほどこされる色や形のデザインが、
多少、冴えなくても地味でも、
道筋を得た魚は、伝えたい人に向かって泳ぎ始めることができます。
骨格に沿って施された(趣旨に沿う)デザインであれば、
本当にそれを必要としている人の目にとまるはずです。

継ぎ接ぎだらけで骨格があるかないかもわからないようなものに、
話題性や目立つこと優先のデザインが被せられても、
伝える先もなく伝える力もないのでは、どこにも向かいようがありません。

つまり、行政の場でデザインを入れるのならば…
えーい、ここではもう、書籍では語り得なかった「ご提案」を
書かせていただきます!

*担当者は
自分にセンスがないとかデザインのことはわからないとか、嘆かなくていいんです。
センスが大切、センスが必要…という呪縛から逃れましょう。
センスではなく、必要なのは、組み立てのロジックです。
行政担当者として、企画のプロを目指しましょう。
企画=アイデアではありません。発想力がなくてもいいんです。
必要なのは課題設定と課題解決への「道筋」ですから、
それは真摯に地域に向き合うことで見えてくるはずです。
道筋を落とし込んだ企画書をしっかり作り、
上司や外注先を説得し、ナビゲートていくためのツールにしましょう。

*首長さんや管理職さんは
⑴著名なクリエイティブな人を招けばなんとかなる、という妄想を
早く捨てましょう。その予算があるなら、
若手担当者に研修視察や勉強の環境を用意しましょう。育てましょう。
⑵デザインデザインと言うその前に、
内部関係者で十分な議論や検証を尽くし、
しっかりと企画(骨格)をつくる環境を整えましょう。
部下が能力を発揮できる環境を整えるのが上司の仕事です。
⑶自分の退職までに、自分の任期中に…という
タイムスパンでの思考から早く抜け出しましょう。
行政の場で必要なデザインには、
10年後20年後50年後を見据えて組み立てる「骨格」が必要です。
⑷ 担当者が形にするものにダメ出しをする場合は、
まず、自分自信のビジョンを
うまく担当者に伝えることができていたのか、
共有ができていたか、そこから振り返ってみましょう。

……
フリーランスとして20年以上の活動をした後に
役場に席をおき、編集を軸に地域振興に携わり
(実践の中で学ばせていただき)、
若手職員の方たちと広報勉強会の機会を持て
(考えが整理でき)、
今は、文科省の地方創生事業の1つで大学の教育プログラムの1つ
「地域編集論−地域振興と情報発信」を準備中です。
(思考と実践の反復横跳びを繰り返しながら)

今後は
真摯に地域と向き合おうとしている若手行政職員が、
もっと気持ちの上でも楽に仕事を進められるように、
それが地域のためになっていくように、
私も、次の世代を担う若い人たちと学ぶために、
少しでも何かしらお役に立てるように、
続・勉強会なども企画したいと思います。
もっと私自身が精進してから。いずれ…ということで!

 

 

 

 

2_編集私論 ⑴
「終章を生きるということ。」の場合

今年2016年の1月に依頼を受け、編集と取材・執筆を手がけた書籍について、そのご案内を兼ねて「編集とは」についての私論の1つを整理しておきます。

img_8804

デザイン事務所TRUNK さんから「ちょっと難しい案件があるんですけど」と、相談=依頼を受けたのが1月のことでした。
益子スターネットでの新春企画、毎年恒例の工芸品バイヤー日野明子さんの展示販売会に行き、そこで笹目所長と合流。お茶をしながら、「難しい案件」の内容を伺う。

小山市の医療法人でスタッフの要となって働いていた「野口ひかる」さん。
以前、全摘していた胃癌からの再発転移がわかり、葛藤を抱え闘病しながらも、現場に関わり続けていた野口さんの気持ちを支えるためにインタビューで本を作ろうという理事長夫妻からの企画。
2015年にTRUNKさんと当初の担当ライターさんで野口さんへのインタビューと理事長夫人でドクターでもある坂口千春さんとの対談を終えた後、野口さんはご自身の生をまっとうし、逝去されたそうです。それが、2015年の7月のこと。

その後…
野口さんの生前に収録したインタビューと対談の生原稿をもとに、どのような構成で、どのように編んで本にしていくか。そこで、頓挫してしまっているとのことでした。

途中からの引き継ぎであり、お会いしたこともない方の生死というテーマでもあり、また、私自身が癌で他界した母との終末期の関わりにおいて、いくつもの後悔を引きずっていることもあり、最初はお断りすることも考えましたが、一度は整理されたというインタビューの原稿を拝読していくうちに、「編集」の「使命」つまり、私の「役割」が少しずつ見えてきました。

……………

さて。
「集めて編む」と書く編集とはどのような行為でしょうか。
もう30年近く、この界隈で仕事を続けてきて、
私なりの言葉で、そのあたりを説明できるようになってきました。

よく言われるのが、その熟語の成り立ちから
「情報を集めて、そこに何らかの価値付けをして、情報を編む」
ということです。
多く読み継がれているという、著名な編集者の本では、編集の定義が
「企画を立て、人を集め、モノをつくる」こと、と書かれています。

私見では、それはどちらも「前提条件」のようなもので
私が理想とする「編集」の定義ではありません。
(ひとそれぞれですからね)

…………

さて。
依頼を受けた書籍の話に戻ります。

「編集」という行為を行う前に、この案件では
「依頼された企画」を「編集者としての自分」なりの目線で
補強していくことが必要でした。

・発行元となる医療法人のスタッフと要であった人について、
 死後に制作される書籍(つまり自費出版)
・当初は、故人の士気を高めるために企画された。
・企画者と故人は、公私ともにとても近しい関係。
・依頼を受けたTRUNK所員の方々と故人や企画者も近しい関係。
このような経緯をもつ企画と、いったんは整理された原稿は、
私が引き継いだ時には
「故人を偲び、故人の仕事への思いを関係者が引き継いでいくための本」という地点で、膝を抱えて座り込んでいるようでした。

発行元の医療法人の意図としては、
・デイサービス施設や訪問診療の利用者の方々にも読んでいただきたい。
・秋に開催予定のシンポジウムでも配布したい…
 という思いもあるということも伺いました。

つまり。
きわめて「私」的な地点から始め(そのエモーションを薄めず)
「公」へと広げていく必要があります。
「個の日々」のことを「普遍的なテーマ」として、
 世に投げかける必要があります。

野口さんのインタビューには、そのような必要性に十分に応じられるほどの、「意志的な生き方」が残されていました。

それは、つまり。
編集者として関わる制作物が、この世に生まれる「意味」が確認できた、ということであり
それが「編集者が、クライアントさんの企画を補強する」ということでもあります。

そして、ここから、「編集」が始まります。

私の場合、編集とは
「方向性をもった骨格をつくる」ことです。

この世に生まれる意味をもった企画は、届けたい人に向かって
この情報過多の海の中を、泳いでいかなければなりません
方向を定めるには、そのように泳ぐための骨格が必要です。

骨格は、誌面には「構成」として落としこまれますが、同じ骨が素材としてあっても、編集者によって、それぞれへの価値のつけ方や、組み合わせ方、関節でのつなぎ方、見えるところに配置するものしないもの…などは、違ってきますし、…みんな違ってみんないい(byみすず)とも言えます。あくまでも、評価の基準は、「この世に生み出される意味があるとしたら、それが編集の力によって、どのくらいまっとうできるか」という、目標に対する達成度だと言えます。

今回の書籍の構成では、

さきほど書いた「この世に生まれる意味」をまっとうするには
「骨」が足りません。

「ご家族(ご主人と息子さん)へのインタビュー」をあらたに提案し、お話を伺いました。
   *個(私:野口さんののこと)を公(あなた:読み手のこと)につなぐ大切な役割を担います

また、医療法人の坂口さんからは
「野口さんの同僚であった若いスタッフたちの話も聞いてほしい」との依頼がありました。
    *故人を偲ぶ文集的なものにとどめないように編集上の工夫が必要です。

構成する要素を整えながら、この書籍での必要性を感じ、
最初と最後に、キャッチコピー的なテキストを入れることにしました。
(「この書籍がこの世に生まれた意味」を、メッセージとして読み手に伝えるため)

……

さて。
このように考えながら組んだ骨格(構成)です。

[タイトル] 
終章を生きるということ–−野口ひかるの伝言−−

[巻頭コピー]

最後の一瞬まで、私が「私」を生きるために

[はじめに]

妻を亡くして三ヶ月後の夫の言葉や活動をモチーフに野口ひかるさんの紹介

[メインの章]

野口ひかるの伝言 
・野口さんインタビュー・野口さんと坂口さんの対談・夫へのインタビュー・次男へのインタビュー…を主題ごとに組み替えて、ミックスした構成に。たとえば「ファミリーカウンセリングによる家族の再構築」をテーマに、妻の思い、夫の視点、支える医療者の語り…など複数の視点を交差させる。この章の最後には、次男のインタビューから「母に残された課題」について語っている部分を掲載。その意図は「故人が残した未来」も感じてもらうこと。

[サブの章]
 
チームからの伝言
・野口さんを支えたスタッフ(ケアマネ、理学療法士、看護師、介護福祉士)の聞き取りは、座談会形式だったが、構成に落とし込む際に「読み手にとって介護・医療の現場で、どのような肩書きのスタッフが、どのように利用者さんと関わるのかを伝える意図も加え、一人ずつの発言のようにまとめ直し「ひとり一見開き」という誌面に。

[巻末コピー]

最後の一瞬まで、あなたが「あなた」を生きるために。

[おわりに]

主治医からのメッセージ、企画者からのメッセージ。

………

さて。
11月に納品された後、発行元の医療法人さんから、嬉しいメールが届きました。

・この本を手にされた小山市長からの提案で小山市立図書館や分館、公民館において頂けたこと。
・館長さんからは、 国立国会図書館へ納本するようにとのお言葉をいただいたこと。
 ・栃木県内の図書館リストを下さり 連絡するようにとも言って頂けたこと。

必要とされている人のところへも、方向性をもった骨格で、泳ぎ始めているようです。

実物がないところでの文章だけの、グダグダした説明で、かなりわかりにくいかと思いますが、編集という考え方の私論が、なにかしらの参考や手がかりになれば幸いです。機会がありましたら、図書館で探してみてください。

『終章を生きるということ 野口ひかるの伝言』
企画・作成|特定非営利活動法人おやま医療介護研究会
監修|坂口千春
デザイン|株式会社トランク
写真|仲田絵美
編集・執筆|簑田理香

追記
骨格にどう肉付けしていくのか。
編集する行為と、デザインする行為の関係は。
もろもろ、続きは、また。