ご案内|「高橋恭司展」9/14より

益子の人と暮らしを伝える「ミチカケ」創刊号(2013年9月発行)に
写真家・高橋恭司さんに寄稿していただけたのは、
まったく偶然の、ヒジノワでの出会いに背中を押されたからだった。
益子出身であり、もっとも日本の(広告の領域でも)写真界の熱量が高かった(と思われる)時代に、
その牽引者として光を放っていた高橋恭司さんに、
「いずれはミチカケに寄稿していただきたいね」という野望という希望を抱き始めた矢先、
打ち合わせのために、仲間たちと共同運営しているヒジノワに行くと、
そこには、帰省の際にふらりと立ち寄りお茶していた…という恭司さんに、
ばったり出会うという幸運。
おそるおそる野望をカミングアウトすると、拍子抜けするくらいあっさりとOKの返事。

「コンビニでプリントしてくるよ」
どこまでも恭司さんは自由だった。

そして、土祭2015では、
益子の風土・風景を読み解くプロジェクトに基づきテーマ設定を行った
「益子風土学セミナー」にも登壇していただき、
「宗教と写真の光」「浄土真宗」「親鸞」をテーマに、清浄寺の住職と対談していただいた。
ガイドブック「土祭という旅へ」にも寄稿していただき、そのタイトルは
「私に触れた者」だった。

最初のリアル出会いから5年が経ち、ミチカケは予定通り、5年10冊の役目を終えて、
終刊号である第10号を作ることになった。
創刊号の特集タイトルを「未来」とした時から、最終号の特集も「未来」でいくと決めていた。
未来より大切なものは、この世界には存在しないから。
思考の行き来や曲折を経て、タイトルは「風景と、未来の物語」とした。
その趣旨を恭司さんに伝え、寄稿をお願いした。

打ち合わせのヒジノワに、恭司さんが持参してくれたのは、
2L版くらいの写真プリントと、
ルーズリーフの紙に書かれた水彩画と、
そして、言葉。
やはりどこまでも恭司さんは自由だった。

ミチカケ10号に掲載した、その言葉の一部を引用する。

ベンヤミンは、クレーの歴史の天使の絵を持っていた。
足元には、がれきの山。
向かい風に羽をひろげ、うしろを向いている歴史の天使
わたしたちのみらいは、
イメージをとりもどすことが できるのだろうか?
「再び」
イメージは、再びという声と ともに


10号の延長線上にあるものを「見たい」と思った。
4月に、おそるおそる野望を伝えてみた。
「ヒジノワで展示をしていただけないか?」

どこまでも恭司さんは自由だったけれども
その自由は、思索を止めない、その先にある自由だった。
慎重だった。

具体的な返事が来たのは、もう梅雨も明けそうな7月の初め。
昨年に続いて滞在中のベルリンからだった。

恭司さんが水彩画を描き始めたきっかけは、
昨年のベルリン滞在時に出会った、多くの若いアーティストのひとり。

NYから来た黒人の青年は、絵を描いていた。自分の手で。筆を持って。
それが、とても良かった、と。
他のアーティストたちはみな、コンピュータアートばかり。
「絵は流行ってないんだな」
そう思うと、無性に絵を描きたくなった、と。

恭司さんは、その先にある自由を知っている。

——————————————————————-
高橋恭司展
「思い出には色や形そしてにおいはあるのだろうか?」
——————————————————————-
2018年初夏のベルリン、池袋、益子から
映像『KOTOBA』、水彩画、写真、路上収集物など

会期|2018年9月14日/金 – 24日/月振休 11:00-17:00
会場|ヒジノワCAFE&SPACE 益子町益子1665
1本北の道に専用駐車場あり。
JR宇都宮駅から東野バス益子行き益子新町下車すぐ
真岡鐵道益子駅より徒歩7分

-会期中、作家が在廊する日に、4つのイベントを設けます。
——————————————————
9月14日|18時よりオープニングパーティ

軽食と飲み物をご用意いたします。
予約なしでお気軽にお立ち寄りください。
——————————————————-
9月15日|ヒジノワ高橋恭司写真館

15時から17時(予約不要:受付順)
1ドリンク付き3500円でポートレートを撮影し、
その場でプリントをお渡しします。
——————————————————-
9月23日|写真のワークショップ

13時にヒジノワスペース集合
高橋さんと一緒にヒジノワ周辺を撮影。
ヒジノワに戻り
展示や写真を見ながら雑談しましょう。
1ドリンク付き3500円 17時終了
*予約制|前日までにメールにてお申込みください
担当:簑田 info@editorialyabucozy.jp 
———————————————————
9月22日/土 18:00〜座談の会
18:00-19:30 座談の会
ナビゲート:鷲尾和彦
(写真家、クリエイティブディレクター)
19:30-20:30 食事の会
ビュッフェスタイルで     
定員|各会20名 予約制
参加費 ①座談の会:1ドリンク付 1000円 
②食事の会:1500円+飲み物キャッシュオン
予約制|メールにて9月15日締切で申し受けます
担当:簑田 info@editorialyabucozy.jp 


今回のテーマは「記憶」について。
作品を見て、私やあなたに内在する、
どのような記憶が刺激されるのでしょうか。
人と人、人と土地、人と作品、作家と鑑賞者、そして言葉。
それらの関係性を「記憶」はどう繋ぐのでしょうか。

撮りながら描きながら思索を続ける高橋恭司さんのお話を楽しみに、
主催者・企画者一同、ご来場をお待ちしています。

主催|ヒジノワCAFE&SPACE
企画|地域編集室簑田理香事務所
協力|鈴木美汐(Atelier Zum Tal 陶芸家)
            須田将仁(Takuu tuore アートディレクター)  
            廣瀬俊介(風土形成事務所 環境デザイナー)

—————————————————————–

フライヤーについて

A3両面4C /十字折+A5両面1C
アートディレクション&デザイン|須田将仁(Takuu tuore)

恭司さんが提供してくれた素材から、須田さんが導き出した答え。
たかがチラシ。されど、紙の作品。
いつかは捨てられるものかもしれない、
「記憶」から消えていくものかもしれない。
だけど、少しでも長く、人の手元に在るものとして。

フライヤー設置店(9月4日現在)
・東京神田 カフェギャラリーTETOKA
・東京下北沢カフェジンク
・東京恵比寿ナディッフ
・東京渋谷totodo
・東京神田ボヘミアンズギャラリー
・東京高円寺 Gallery Cafe 3
・山梨 ギャラリーTRAX
・宇都宮釜川通り cynic  
・益子 道の駅ましこ 
・益子 イチトニブンノイチ
・つくば市 manufact jam
・つくば市 people 
・つくば市 千年一日珈琲 
・つくば市 gallery Y 
・水戸市 minerva 
・ひたちなか市 ちどり 

 

設置配布ご希望の方は、ご一報ください。

FB イベントページ

instagram

YES!と言える未来に向けて

2018年初春に、発起人9名で立ち上げた
「こどもの未来にYES!を作ろうネットワーク」
 https://mirayesnet.wixsite.com/mirayes

3月24日に、「はじまりのツドイ」という場を開き、→レポート
4月26日に、「春のツドイ」を開催 →後編レポート前編レポート

さて、次は、「春のツドイ」でのワークショップでの
「学びたい」「考えを整理したい」「知りたい」テーマとして
上がったことをもとに「夏のツドイ」を8月25日に開きます。
→参加者募集のお知らせ

現役のNHKプロデューサーが講師で、あらためて憲法を学ぶ、
貴重な時間になると思います。ぜひ、ご参加ください。

————————————————————
あらためて、ここでは、立ち上げの趣旨や経緯を、
そして、活動内容を綴っておきます。

多くの人がそうだと思いますが、2011年3月11日は、
いろいろな意味で、大きな転換点だったと思います。
それ以降、今まで無意識のうちに見ようとせずに
蓋をしてきたところから、蓋の隙間から、
ひび割れから、煙のように立ち上り、
「いままで見えなかったもの」が
否応無く目の前に姿を現し始めました。
でもその姿は実像をつかみにくく…
そんなモヤのような霧や煙のような空気の中で、
だんだん息苦しさや、
先が見えそうで見えないしんどさも募り…、
ただただ、いろんなことに
「NO!」とつぶやき続けてきました。
それは違うでしょう!それはないでしょ!
ありえない!…と。
NO!が溜まるほどにアレルゲンがピークに達して
花粉症を発症するように、
さらに心身ともに疲れてきて…。
肌はさらに老化するは、眉間にシワは増えるは、
(ただの老化デスカ)?

でも、気がつくと、私の周りでも、
若いお母さんたちやお父さんたちが、
農家さんたちが、良識ある研究者の方たちが、
それに、70代80代のパワフルな
おじいさんおばあさんたちが、
ただただ流されるのではなく、すでに自ら
学ぶことや活動することを始めていました。
*
もうひとつの暮らし方や生き方を
どう作り出していくか?
そのことで、どんな社会を描きたいか?
どんな未来を子供や孫に残したいか?
自分の生業を通して、
なにかこう地域に良い循環が巡らせないか?
そう考えて日々動いている友人たちもいます。
「いま」に違和感を覚えるけど、
それがなんだか掴みにくいし、
何から知ればいいのかわからない。
そう感じて日々もやもやしている友人もいます。
(私もです)
*
*
みんな、自分の活動や仕事や生活で手一杯だけど、
季節に1回くらい、ゆるゆると繋がって集まって、
それぞれの思いや活動を共有したり、
横断的なテーマで勉強会の場を作れたら…
きっと、励まされたり、学び合えたり、
協力しあえたり、
次に一手を見いだせたり、
そして、また頑張れるんじゃないかな?

同じように感じ、考え、歩んできた
友人や知人たちと、1年以上かけて、
ゆるゆると、繋がりづくりの計画を始め、
まずは、発起人9名でスタートしました。

新しい「団体」とか「組織」とかではなく、
何かをひとつにするとかではなく、「ネットワーク:つながり」です。
それぞれが、「個」として立って、日々をおくり、
ときどき、つながって「交歓」と「共有」の場をもちましょう、
という呼びかけです。


活動内容

活動1「よみとくツドイ」
–未来に繋がる「いま」を読み解いていこう—

農業や環境、教育など、いろんなジャンルで既に
学ぶことや活動することを始めている方たちがいます。
ジャンルを超えて、お互いの活動を伝えあい、
理念や知恵を共有しながら、研究者や実践者、
専門家などの講師を招いて、
「いま」を読み解く場を一緒につくりませんか?
それぞれの活動を通して、どんな未来が残せるか、
その思索と力を深めるために。

*年に4回(予定:春5月/夏8月/秋11月/冬2月)、
横断的なテーマ
…(例えば、エネルギー×経済、
  家庭生活×憲法×ジェンダー、
  家づくり×途上国の幸せ・日本の幸せ論、
  デザイン×軍国主義と平和主義…など)で、
講師を招いてのセミナーやワークショップを開きます。
年に4回で3年、合計12回は続けたい考えです。

*
活動2「うけつぐマナビ」
–70代80代以上の方へ聞き書きプロジェクトを– 

わたしたちは、どんな未来なら
YES!と言えるのでしょうか? 
過去をまなぶことから未来も描いていけると思います。
今よりもっと、土地と人の暮らしが密に
交歓していた時代を生きてきた大先輩たち、
戦前・戦中・戦後を生き抜いてきた
大先輩たちのライフヒストリーを、
そして、今をどう生きていらっしゃるのか、
じっくりと聞き取りして、書き起こして記録する。
そして、受け継ぐマナビの記録として共有する。
そんな取り組みを一緒に始めませんか?  
*まずは最初に編集者/ライターでもある
発起人のひとり簑田が、聞き取りや
書いて記録することのワークショップを行います。

—————-
*
活動3「そのさきブック」
–YES!と言える未来を描く本をつくろう–

「ツドイ」「マナビ」の活動を始めて、
2年目の2019年からは、それらの活動をもとに
「YES!と言える未来を描く、ビジョンブック」の
制作に向けての活動をスタートさせましょう。
ビジョンブックの内容は、いまのところ、
こんな3部構成で考えていますが、
参加のみなさんで検討していきましょうね。
制作費用の調達やブックの仕様なども、
これからゆっくり考えましょう。
①YES!と言える未来の姿
ツドイやマナビを通して見えてきたビジョンを、
編集会議ワークショップを重ねて、
文章にまとめていきましょう。
②うけつぐマナビ
聞き取りして書き起こした記録を掲載しましょう。
③参加者メッセージと活動記録
参加者それぞれの「いま」の活動内容と、
それぞれで思い描く「未来」を記録に残しましょう。

 

南丹市地域おこし協力隊情報誌アドバイザー

地域を伝える、地に足つけて

南丹市 地域おこし協力隊情報紙
NANTURN 完成!
ーーーーーーーーーーーーーーー
京都府南丹市から委託を受けて
7月、そして、9月と、2回 現地へ出かけておりました。
地域おこし協力隊の皆さんが、新しく制作する
「協力隊の視点から、地域の皆さんへ、地域の魅力を伝える」
冊子づくりの ワークショップ講師として。

そして完成した冊子が、一昨日、手元へ。

みなさんの たしかな目と、柔軟な足腰と、
ていねいに現実をつかもうとする手と。
その成果が、十二分に紙面の上に踊っていました。
クォリティ高い! 文章も、構成も、写真も、デザインも!
まじで!
なにより、地域への向き合い方が「まっとう」です。
もう、みのだは、すげー!!と叫んでしまいました。

地域のみなさんも、おじいちゃんもおばあちゃんも
おにいさんもおねえさんも…目を細めながら、にこにこと
手にされていると思います。

完成した冊子、
隊員の皆さんからいただいたメッセージ(抜粋)
ワークショップの様子
写真でお伝えします。

IMG_9726

IMG_9727

IMG_9728

IMG_9731

IMG_9732

ワークショップで、私が用意するフレームは、いたってシンプルです。
それぞれの暮らしの中で、すでに出会っている「現実」(具象)と、
そこから深堀してゆくことができる「概念」や
「普遍的な真理」(抽象)の間を
行き来することができる回路をつくること。
グループワークでも、まずは、自分ひとりの思考の時間を大切に。
それから、メンバーで伝え合って、共有して
視点を交錯させて、
他者との視点を行き来する回路をつくってゆきます。

IMG_3905

スクリーンショット 2017-11-10 20.35.41

スクリーンショット 2017-11-10 20.36.08

スクリーンショット 2017-11-10 20.37.40



そして8人の「現実」…ここに来るまでの人生と「今」と未来が
ひとつに撚られながら編まれながら、「伝える」力になってゆく。
地域を伝える、地域で行う編集活動。
できあがったタブロイド紙を手にして
地道に、真摯に、まっとうに、続ける人たちがいるかぎり
まだまだ地方は大丈夫とさえ思えました。

IMG_9730