6|「宿題女王」

毎日毎日、担任の先生から出される宿題。
宿題なんてめんどくさいものは、無いほうがいいにきまってる。
だが、山田りりか(小三)の場合、
宿題は、青春のすべてを賭けるに値するものだった。
ごくごくありふれた、ふつうの宿題が彼女特有の思い込みによって、
毎回、はげしく脱線していく。
それでも、いつも先生のチェックは、クリア。
彼女は一度も宿題を忘れたことがない。
最高の内容を提出する、宿題女王なのだから。

 

第1話
身のまわりから四角形をさがそう、の巻

りりかは、宿題をわすれたことがありません。
お母さんに、宿題やってないでしょ! と、
しかられたこともありません。
なぜなら、りりかは、せかいでいちばん、
宿題が大すきな子どもだからです。

今日も、りりかは、
先生がこくばんに宿題をかくのを、
れんらくちょうをひらいて、
わくわくしながらまっていました。

(しゅくだい)
身の まわりの もので、
四角い 形を したものを さがそう。

先生が、こくばんにそうかくと、
みんなが、くちぐちにおしゃべりをはじめました。

「おりがみ!」
「はこでも いいの?」
「さがしたら、どうするんですか?」

先生は、にっこりわらって、いいました。
「おうちの人にきいて、
学校にもってきてよいものだったら、
もってきてください。
もってこられないものは、その名前を
さんすうのノートに、かいてきてください。
えが かきたい人は、えをかいてきてもいいですよ」

 

かえりみち、めぐちゃんは
「わたし、えはがき、もっていく」
と、いいました。
さきちゃんは、
「きのう、かってもらったチョコのはこ、もっていこう」
と、いいました。

みんな、そんなにかんたんにきめちゃって、いいのかな。
それじゃ、つまんないのに・・・。

りりかが、そうおもいながら、あるいていると、
がっきゅういいんのミハラくんが、
いそぎ足で、みんなをおいこしていきました。
花やさんのかどのところでふりかえると、
ミハラくんは、りりかたちにむかって、
こうさけびました。

「ぼくは、あした、
 ルービックキューブをもってきますからね。
 あれこそが、まさに、四角の王さまでしょう!
 キング・オブ・四角!
 きみたち、まねしないでくださいよ」

「まねしないで、だって!」
と、めぐちゃんがいいました。

「ルービックなんて、しらないもん。まねしないよねぇ」
と、さきちゃんが いいました。

「あたし、しってる。
 ちいさな四角がたくさんついてて、
 大きな四角になってて、
 ガチャガチャまわしてあそぶの」
りりかは、そういって、
ふたりにせつめいしながら、おもいました。
すごいな。ミハラくん。ほんとに四角の王さまだ。

りりかが家にかえると、おかあさんは、
チワワのちーちゃんのブラッシングをしながら、
りりかのかおを見るなり、いいました。

「あらまあ、むずかしいかおをして、
 どうしたのかしら」

「四角の王さまより、すごいものを さがしたいの!」
と、りりかは いいました。

「あらまあ、それはたいへん!
 四角の王さまよりすごいものといったら
 やっぱり、四角の 王子さまじゃないかしら?」

え?
王子さまは、王さまの子どもなのだから、
ぜんぜんすごくないと思う。
やっぱり、おかあさんにそうだんしなきゃよかった。
りりかは、そうおもいながら、
じぶんのへやにいこうとすると、
おかあさんがいいました。

「だって、ほら、ものがたりのせかいでも、
かつやくするのは、王さまより王子さまよ。
きっと、どこかにいるわよ。
りりかの、四角い王子さまが」

うっとりするようなかおをして、
そんなことを いわれても、
やっぱり、おかあさんのいうことは、
いみがわかりません。

りりかは、じぶんのへやで、
四角いものをさがしてみました。

ハンカチ
ふうとう
シール
ノート
しゃしん

トランプのように、角がまるい四角もあります。
はがきのように、かどばった四角もあります。

わりばしのふくろのように、ほそ長い四角もあれば、
ましかくのおりがみもありました。

身のまわりには、四角いものが、
ほんとうにたくさんあります!
でも、りりかが宿題でもっていきたいとおもうものは、
なかなか、ないのでした。

くぅん。

チワワのちーちゃんが、
なぐさめにきてくれました。
「ちーちゃん、おさんぽ、いこうか!」
りりかは、きぶんてんかんに、
さんぽにいくことにしました。

いつものみちを、ちーちゃんとあるいていると、
松の木がりっぱなおうちのまえで、
ちーちゃんが、しっぽをふりながらほえはじめました。

くぅわん、わん!

「ちーちゃん、どうしたの?」
ちーちゃんは、げんかんの前から、うごこうとしません。
ここは、たしか、田口さんの家・・・・。

「あっ!」

りりかは、とつぜん、
ちーちゃんにまけないくらいの大声でほえました。
いえ、さけびました。

「すいません、田口さん!」

りりかは、げんかんのチャイムをおしました。
へんじがありません。
るすのようです。

どうしよう。 せっかく、いいことをおもいついたのに!

あした、学校に行く前に、また来よう。
朝なら、田口さんは、きっといるはずです。

 

さて、つぎのひ。
りりかは、いつもより、ちょっとだけはやく、
いえを出ました。

「田口さん、すいません!」
りりかは、チャイムをならしました。
だれも でてきません。

「田口さん、いますか?」
りりかは、げんかんの とを たたきました。
へんじが ありません。

ああ、どうしよう。
このままでは、りりかの宿題が大ピンチです。

そのとき、げんかんのまえに、
小さなはこがおちているのに、気がつきました。
マッチのはこでした。

スナック まちこ

中にはいっているマッチも、
ぼうのところが、きれいな四角になっています。

りりかは、マッチのはこをポケットにいれて
とぼとぼと学校にむかいました。

さんすうは、一じかんめです。

ああ、どうしよう。
宿題をわすれたことになるのは、
ぜったいに、いやなのです。
マッチのはこをだそうかなぁ。
ああ、でも、なんだか、
スナックまちこの もじが、はずかしい。

りりかは、あたまのなかが、ぐるぐるして
ふらふらしてきました。

「りりかちゃん、どうしたの?」
「きもち、わるいの?」

くつばこのところで、めぐちゃんと さきちゃんが、
しんぱいして、りりかの かおを のぞきこみます。

「ほけんしつ、いこう!」

1じかんめのチャイムがなったとき、
りりかは、ほけんしつのベッドにねていました。

 

「おかあさんに、
 でんわしておきましたからね。
 きょうは、おうちで、
 ゆっくりやすんだほうがいいわね」
 ほけんしつの先生が、
やさしくこえをかけてくれました。

そんなぁ。
ちょっとあたまがぐるぐるしただけなのに。
りりかは、はずかしくなって、
ふとんをあたまのうえまでかぶりました。
いつのまにか、
そのままうとうとしてしまったようです。
りりかが、目をあけてとけいを見たときには、
あと十分で、一じかんめがおわろうとしていました。

ああ・・・。

そのときでした。
まどのそとから、きこえてきます。

チョキチョキ
チョキーン
チョキチョキ
チョキーン

この音は!

りりかは、ベッドからとびおきて、
ものすごいいきおいで、
こうていへ、とびだしていきました。
こうていのすみにある松の木を、
しょくにんさんが、はさみで手いれしています。

「田口さん!」

りりかは、そうさけぶと、
田口さんに、とっしんして、うでをつかみ、
くつばこのほうへと、はしりました。
「きのうも、きょうのあさも家に行ったのに!」

なにがなんだかわからない田口さんは、
りりかにひっぱられて、
いっしょに、きょうしつにむかいます。

ちょうど、さいごのひとりが、
宿題の「四角」を、みんなの前ではっぴょうしているところでした。

まにあった!

りりかは、きょうしつの前のドアをあけて、
田口さんと、中にはいりました。
そして、こくばんの前に、ならんでたちました。

「りりかちゃん!」
「どうしたの?」
「その人、だれ?」
 ざわざわするきょうしつのみんなをみわたして、
りりかは、いいました。

「わたしが、身のまわりで、みつけた四角です。四角王子です」

田口のおじさんは、
かおのかたちも、まゆも、それからはなも、
それはもう、どうどうとした、四角でした。
あたまにまいた、白いタオルも、
ほどいたら、もちろん、四角です。

クラスのみんなの目は、
田口さんにくぎづけです。

がっきゅういいんのミハラくんも、
口をぽかーんとあけて、
田口さんを見つめています。

なにがなんだかわからないのは、田口さんです。
ゆうべ、スナックまちこでおさけをのみすぎて
あたまがズキズキするのですが、
こどもたちの まえに たっているのですから、
なにか、おはなしをしたほうがいいのかな、
とおもいました。

「松の木、さくらの木、さるすべり。
 こうていの木は、
 あっしが、こころをこめておせわしていますんで、
 どうか、みなさん、
 かわいがってあげてください」

田口さんの、どうどうとした、四角っぷり。

それに、りりかの四角は、しゃべるのです。

田口さんが、はなしおえると、
みんなが、いっせいに、はくしゅをしました。

こくばんには、
みんなの名前と、はっぴょうしたものを
先生がかいていました。
先生は、にっこりわらって、
りりかのところに、こうかいてくれました。

山田りりか 田口さん

りりかをむかえにきて、
うしろのドアからこっそりようすをみていた
おかあさんのめにも
なみだがうっすらとうかんでいます。

「なんて、すばらしいんでしょう!
 田口さん、名前のかんじも
 四角だけでできてるわ」

よかったね、りりかちゃん。(完)

 

(2008年・未発表)