6|地域を伝える、地に足つけて。

南丹市 地域おこし協力隊情報紙
NANTURN 完成!
ーーーーーーーーーーーーーーー
京都府南丹市から委託を受けて
7月、そして、9月と、2回 現地へ出かけておりました。
地域おこし協力隊の皆さんが、新しく制作する
「協力隊の視点から、地域の皆さんへ、地域の魅力を伝える」
冊子づくりの ワークショップ講師として。

そして完成した冊子が、一昨日、手元へ。

みなさんの たしかな目と、柔軟な足腰と、
ていねいに現実をつかもうとする手と。
その成果が、十二分に紙面の上に踊っていました。
クォリティ高い! 文章も、構成も、写真も、デザインも!
まじで!
なにより、地域への向き合い方が「まっとう」です。
もう、みのだは、すげー!!と叫んでしまいました。

地域のみなさんも、おじいちゃんもおばあちゃんも
おにいさんもおねえさんも…目を細めながら、にこにこと
手にされていると思います。

完成した冊子、
隊員の皆さんからいただいたメッセージ(抜粋)
ワークショップの様子
写真でお伝えします。

IMG_9726

IMG_9727

IMG_9728

IMG_9731

IMG_9732

ワークショップで、私が用意するフレームは、いたってシンプルです。
それぞれの暮らしの中で、すでに出会っている「現実」(具象)と、
そこから深堀してゆくことができる「概念」や
「普遍的な真理」(抽象)の間を
行き来することができる回路をつくること。
グループワークでも、まずは、自分ひとりの思考の時間を大切に。
それから、メンバーで伝え合って、共有して
視点を交錯させて、
他者との視点を行き来する回路をつくってゆきます。

IMG_3905

スクリーンショット 2017-11-10 20.35.41

スクリーンショット 2017-11-10 20.36.08

スクリーンショット 2017-11-10 20.37.40



そして8人の「現実」…ここに来るまでの人生と「今」と未来が
ひとつに撚られながら編まれながら、「伝える」力になってゆく。
地域を伝える、地域で行う編集活動。
できあがったタブロイド紙を手にして
地道に、真摯に、まっとうに、続ける人たちがいるかぎり
まだまだ地方は大丈夫とさえ思えました。

IMG_9730