角煮を起点とする言葉と本質の諸問題。

image1-27

 

だれかが次に発する言葉、というものは、
簡単に予測されるものらしい。

2012年に始まった、私のipad生活。
メールで、「おね」と打つと、
なぜか真っ先に「お姉さん」がでてくる時代があった。

都内へ向かう湘南新宿ライングリーン車の中で
「これから初めて会う人」に(もちろん仕事の)
「それでは、本日よろしくお姉さんします。」と送ってしまったことがあった。

この話は、けっこうあちこちでしていたのだけれど。
お姉さんチェンジ!」と追い返されることもなく
お姉さんしたわけでもなく
実際に会っても、先方も特段その話に触れることもなく
ということも含めて。
いまだに、まだ都市伝説にはなっていないようだけれど、
まあ、仲間内では、誤変換メールが多いミノダというのは、
有名な話です。(偉そう)

ヒジノワ企画運営集団のメーリングリストでは

「情報よろしくお願いします」が
「情婦よろしくお願いします」になっていたらしい。
気づいたのは、約1名。彼は、もちろん爆笑を禁じ得なかったとか。
どうも、前世は、なんか、そういう関係の…お姉さんとか情婦とか、
そんな心持が良くて情にあつくて涙もろくて、そんな人たちの
マネイジメント業(花街の裏番かよ)を
やっていたのではと思ってしまう。(思わん、普通)

さて、次に、最近のmac-PC wordの誤変換の話。

「ご確認よろしくお願いします」が、
7割打者を超える勢いで
「ご角煮よろしくお願いします」になってしまう。
気づく前に、私の指は電光石火のスピードで、
送信ボタンを押してしまったよ、1度だけ)

最後の署名が、これはもう8割の確率で、
「M猪田」になってしまう。

マリアンヌ猪田?(宝塚男役)
みのだいのだ?(おわらいこんび)

とにかく、誰?

角煮をオーダーしてしまう件にしても、
名前すら間違える件にしても、
仕事関係のみなさんは
「みのださん、忙しすぎるから」と労ってくれまして、
大きな混乱は引き起こしてない、いまのところ。

しかし、です。
このPCでの変換ミスについても、ずっと、自分的には
ipadなどの親切な予測変換をよくよく見ないで使ってしまう、という
いわば「そそっかしい類」のミスの延長だと、捉えていたわけですが

気づいてしまったのです。

あきらかに、
「指先の運動能力、反射神経の老化による低下」が原因である、と。
老化です。

どうしましょう。

広報勉強会を役場や宇都宮大で行う少しまえくらいからずっと
「言葉の定義」
「言葉の意味の本質をズラさない使い方」とか、
そういうことをまとめたり、
話したり、伝えたり、尋ねたり、考えたりし続けていますが
個人的課題として、まず、いろんな意味で
「言葉の確度・精度」を上げていきたいものです。

戦闘がいきなり、衝突なんて
誤変換しようがない言葉にすり替えられたり
云々が、でんでんになったりするご時世ですから、
「民主主義」という社会のお勉強の基本用語の定義すら
危うい世の中ですから
まだまだ老化を理由に「おねえさん」引退はできませんね、
私もあなたも。

ちなみに、写真は
「デニムのクロップドパンツSを買ったけれど、
 履いてみたら、普通のズボンだよ」の図。

と書いても、クロップドパンツが何かがわからないと、
このフレーズの「みのだの自虐性」が伝わらないわけです。
クロップドパンツとは、検索上位に出てくる解説によると
「裾丈を普通のものより短くカットしたもの、
たいていは6~7分丈のものを指す」です。
言葉の定義を共有して初めて、わかりあえることがある一例です。

Sで、これだものねえ。笑