藪の中のオオカミらしきものへ会いに行く。



2014年に行っていた益子の風土調査で訪れていた
大羽の御嶽神社へ。

当時も多少は荒れた感じはあったが、
久しぶりに訪ねた神社は、廃墟のように荒れ果てていた。

しかし、
拝殿に上がる階段さえも枯れ草や枯れ枝で覆われ、
人の手が入らなくなった山の斜面のようになっていても、
竹が拝殿の屋根を突き破ろうとも、
オオカミの(ようなものの)姿は、4年前と変わらず石灯籠の中に、
輪郭もくっきりとあった。

そうそう。
この姿を拝みに来た。

御嶽神社と彫られた石碑もあり、
石灯籠の他の面には「三峯」を表しているような山の姿も彫られている。
まちがいなく、オオカミの姿かと思うのだけれど
風化も進んだ石の肌からは、シカのようにも見えるような。。


2014の風土調査では、この神社のことを詳しく知る人に出会えず
ずっと、「宿題」のままになっている。
今年は、この荒れた状況もなんとかしつつ、ぼちぼち調査を進めたい。
体力復活させて、雨巻&御嶽にも登りましょう。

大晦日も元旦も、ただただ地続きで続く、ただの繰り返しとはいえ、
あらためて、今年の「はたらき」について考える。

12月に、久しぶりに読み返していた『オオカミの護符』(小倉美惠子・著)から
活動と仕事と稼ぎを地続きで行う私のベースとしたい文章を引用する。

 人が自然に身をゆだね、互いの力をうまく引き出し合うところに
 思いがけない「はたらき」が生まれてくる。
 これが仕事の本領なのだろうと気づかせてくれる。
 「個性」とは、そこに匂い立つものに与えられる言葉ではないだろうか。
 「稼ぎ」は人間関係の中で成立するが、「仕事」は人のみでは成し得ない。
 こう考えると、現代の「仕事」の概念は、ずいぶんと変わってしまったことに気づく。
 むしろ「仕事」だと思って行っている労働のほとんどは、
 「稼ぎ」と言えるかもしれない。
 (中略)
 人の力だけでもなく、また自然の力だけでもない。
 その双方をつなぐ「はたらき」が宿る「仕事」に出逢えたとき、
 人は感動を覚え、信頼を感じ、
 そこに人と人とのつながりが生まれるのではないだろうか。

2019/01/01
 

退行感覚

我が家の老犬は、去年まではできたことが
ひとつずつできなくなってきている。

そのひとつが、
ソファにひとっ飛びに飛び乗ること。

もうひとつが
自分のトイレで(大)をすること。

最近では、なにかしらの布が床に落ちていると
そこがトイレだと勘違いするのか、(大)をぽとんと。

老いることは自然の摂理で、退化ではない。

人はどうか。
時代の流れに、老いることを強いられていまいか。

 

出先の商業施設でトイレに入ると、
個室のドアを開けたとたん、突然、便器の蓋がパカリと開く。

用をすまして立ちあがると、
突然、勝手に水が流れて、(小)でも(大)でもきれいさっぱり流される。

(大)を通して、自分の健康状態を目視確認するひまもなく。
指差し確認するひまもなく。
自分の体の分身に別れを告げるひまもなく。

自分の手で便器の蓋をあけることもできず、
自分の手で自分の排泄物を流すこともできない。

技術革新という進化の中で、退行していく私たちの生。

昨日できていたことが、今日はできなくなる。
そのことよりも怖いこと。
昨日は気づけたことに、今日は気づけなくなることではあるまいか。

一杯の珈琲から

IMG_9721

縁というものは、
偶然の出会いによって現れるものではなく、
それまでの、それぞれの、点と点と点が繋がって
一定の方向性も持ち始めたときに
それが星座のように繋がって、
出会いとなって、形になっていくものだ。
これをご縁に今後とも・・・と人は言うけれど、
もちろん、「これから」も大事だけれど、
「これまで」の、つながる必然についても思いをめぐらせたい。
今年(まだ2ヶ月残っているけれど)最大のご縁で
出会った、ネパールのフェアトレード珈琲。

最初に飲んだとき、
口の中から喉から鼻から染みる滋味深さに、
珈琲は農産物だった!と五感で感じた。
当たり前のことなのだけれど
コーヒーは、
たとえばコンビニの棚に並ぶエナジードリンクや
眠気覚ましの合成飲料などとは、明らかに違って、
土と陽と水の恵みで実り、
人の手が摘む、農産物。

「そもそも」のところが、すっ飛ばされがちな時代に
(恣意的に、あるいは怠惰として、あるいは無神経の結果として)
「そもそも」のところを、思い起こして、大切に。
一杯の珈琲から。

***
ヒマラヤワールド フェアトレードコーヒー
「シリンゲ村物語」
販売者
フェアトレード団体(有)ネパリ・バザーロ

活動紹介ページ click
通販ページ click
直営店 click